前へ
次へ

赤信号を無視した歩行者と車のトラブルの過失割合

スマホの操作をしながら歩行をするのは危険で、前から歩いてくる人とぶつかる可能性が高まります。
その他自分自身も道路につまずくなどがあるかもしれません。
非常に怖いのは信号が赤であることに気づかずにわたってしまうときでしょう。
自動車が止まってくれる時もありますが、その時に罵声を浴びせられるときもあります。
もし罵声を浴びせられたら短気なドライバーと感じるかもしれませんが実は色々な事情があるからです。
赤信号を渡っている歩行者と自動車が接触したとき、このトラブルによる過失割合は歩行者が高くなります。
ただ歩行者側が全面的に悪いとならず少なからず自動車側にも過失があるとされます。
一般的な場合で歩行者の過失が7割ぐらいなので、道路交通法を守ってきちんと運転しているのに過失3割を負担しなければならなくなります。
ドライバーからするとそれはたまらないとつい罵声を浴びせてしまうのでしょう。
歩行者が子供などの弱者になるとよりドライバー側の過失が高くなりやすいです。

Page Top