前へ
次へ

裁判員制度というのはなかなかに厄介

裁判員制度というのはあるわけですがアメリカでは陪審員に決めるということがほとんどでしたから、むしろそうではない裁判のタイプの方が珍しいというような状況にあるわけですが日本ではそうではないです。
ですが日本でも裁判員制度というのが始まり、いきなり家にそういう通知がくるということもあり得るような時代になってきているわけです。
法律なんて知らない、ということがあるでしょうが、日本の裁判員制度というのは陪審員が強い権限を持っているのかと言うとそうではなく最終的には裁判官がかなりこういう状況やケースですとこうするのが前例というような事をかなり説明してくるということがあります。
つまりは割と今までの裁判制度と対して変わることがないという部分もあるわけです。
ちなみに全ての裁判が裁判員制度で裁かれるのかと言うとそうでもないのが実はこの制度の肝になっていたりする部分でもあります。
しかし、それでも自分がなるかもしれないと考えると大変です。

Page Top